元SEの車・バイクネタ&毒吐き日記、時々仮想通貨

元SEが愚痴ってるだけの日記を記載しています。

【日記】両親の免許返納について

うちの親も

高齢になりつつあり、運転もやばくなる年齢が近づいてきています。

しかし、ここは田舎、、、車がないと生活は厳しいであります。

親もなにもなければあと1回は車買い替えて同じぐらい乗るって言ってますからね。

元気ならいいんですよ元気なら、、、 

大切な親に、これなら「決心」させられる! 免許返納セラピー

大切な親に、これなら「決心」させられる! 免許返納セラピー

 

 

世間で言われているようなことが、私が元気なときに起きたら

ヘルプもできるだろうし、止めることもできるでしょうが、いかんせん親子ともども頑固ですから、私は今のうちから対策を練っています。

というのも、よそ様に大きな迷惑かける前に取り上げるなり使えなくするのは当たり前だとおもっているからです。そのうち自分ものですが。因果応報?

 

で、決めているのが、踏み間違や誤操作で器物破損(自宅含む)したら1ペナ、2ペナでまずは、免許は俺に返納(預かり)ね、と言っています。それで不自由なくすごせたら正式返納でと。

最初は実害(保険適用クラス)がでたらアウトにしようかとおもっていましたが、それはさすがに厳しいというか普通に運転してても、アッってなることもあるだろうから自覚なく誤操作してやっちまったらアウトということを、吹き込んでいます。

 

免許返納と騒ぎすぎ

免許はあくまでも権利であって、返納で全てが終わる分けではありません。

別にのらなければいいだけです。なんかメディアがへんな煽りしてるなーといつも思うのは、返納によるサービスや需要喚起をねらってるんでしょうと考える自分であります。

免許は携帯して運転することが義務であります。

家族が取り上げる、車を処分する(鍵をその人が使えなくなるする)などしておけば、運転できないのですからそれでいいのですよ。

返納はいつでもできる、問題は乗れる(運転できる)車が手元にあるかどうかなんですよ。

免許なかったって返納したって、鍵があって動く車が家にあれば

ボケたら乗っちゃう(運転しちゃう)よ!

無免許で突っ込まれるより、免許不携帯で捕まる程度にして、万が一家族の車で事故っても家族内預かりが私は安全だと思っています。

 

すべてわかる運転免許認知機能検査 (三才ムック)

すべてわかる運転免許認知機能検査 (三才ムック)

 

 

ということで、返納先は子供や家族

がまず第一歩じゃないでしょうか?、その後環境もなくなり、乗ることもできなくなったら返納でいいとおもいます。家族がいて車があって乗れる環境があるかぎり権利を捨てることは不要だと思います。

全ては(当該者)本人の意思とボケ具合です。

リスクしょってまで返納する意味はないと思います。

かといって返納したからタクシーやすくなるとか。。そういうサービスを期待する/しないといけない、ならそのインフラ環境がそろって使うと判断できてからでいいと思う。

 

だってそもそも運転できなくなるようになってるということは出かけるときも1人ではないはずだから。

 

まとめ

返納返納と騒いでる人達が一部にいるとおもいますが、まずは家庭内でルール作ってそれからじゃないですか?そういうことが出来ない家庭は(偏見ですが)子供が無免許で車のったり、飲酒運転とか平気でやる人が多い気がします。いわゆる意思がよわく誘惑に弱い人達だと思う。

自分で出来ないなら返納して車も処分(乗る人がいるなら離れた場所において不便にする等)それしかない。

ボケたらなんでもありなんですから。。。怖い怖い

 

 

【日記】基本医大の医者を信用してはいけない~自分は不健康(自覚アリ)~

とつくづく思わされた

元々、医者嫌いですが、やっぱり症状が出るから病院に・・・ってなる場合どうしても人間ある程度年とるとあります。

 

関東でも医大系の病院だったのもある

で関東で行ってた病院から転移するときに受け入れしてくれた近い病院が医大でした。

で、その某医大でうけてたんですが。

前回喧嘩別れしています。Blogも下書きにはあるのですが、あまりにも惨い対応されたのであっぷしていませんが、一言でいうと3年ぐらい通ってるのに

「健康なお前の相手している暇はない、うちはサービス業ではない、来るな。」*1

と言われてカチンときて、違う病院にいってきました。

 

京都府立医科大学(医学部〈医学科〉) (2020年版大学入試シリーズ)

京都府立医科大学(医学部〈医学科〉) (2020年版大学入試シリーズ)

 

 

まず、紹介状を見た医師からの言葉が

「確かに内容みると、健康と決めつけて放置している割には長い間薬だしてるね、医者じゃないよこれ、本気でそう思ってるなら最初から通院しないよう説得するのが筋だろ」

って言われて、、ああ、俺の感覚は間違ってないんだな。って思った。

で、喧嘩別れしたときの話とすると

「医者も一応サービス業なんですけどね・・・あはは・・・この人(紹介状書いた人)おかしい」

って言われた。

で、頭痛や胃はずっと痛いの?たぶんここに薬もらうために行っていたのであればそれも原因だよ。何で早く辞めてどこかにいかなかったの?ともいわれ。また最初から過去の状況説明して新しい病院行くのめんどくさいが勝ってました。の言葉から、それが二次被害の一端だよっていわれました。

 

 

少なくとも患者(顧客)の話は聞け

医大の医師にかなりの不満があるのは話しやこの文章(紹介状)からもわかる。何かモデルケースにに当てはめて決めつけるタイプの医師だろうね。*2と言われました。だから話も聞かずに決めつけて、言われたまま薬だけわたしてたんだろうと。。。医大の医者にありがちと。

問診等で話し聞いて、検査して、診断・治療するのが医者ですから。

そりゃそうですよねー自分だって顧客の話をきいてどうするかを判断するわけですし、押し売りしてたら嫌われます。

 

俺も失礼なことを言ってしまった

いろいろ過去の経緯なりをお話したあと。

「あなたも私の事を健康といいますか?」

と言ってしまったのは今少し後悔しています。

「こんな数値、生活状態で健康と言える医師がどこにいる!。ひどくなってるから少し時間かけて治す必要があるよと・・・」

怒られました。

「まぁこんな医者に掛かってたならそう思うだろうね」とフォローされて、自分はなんてひどいことを言ったのだろうって思いました。

 

あと、なんもしてないほうがよかったんですかね。。ってボソっといったら

「それだったらもう体が使い物にならないか、最悪死んでる」とも言われた。

 

過労死: その仕事、命より大切ですか

過労死: その仕事、命より大切ですか

 

 

信用した一言

「原因(現時点不明)と症状が複合すぎるので、一回の問診や診察ですぐこれだろうっていう治療方法は示せないのでとりあえず、不快な部分を重点に、おすすめパターンを試してみてから、経過状況をみながら治療していきましょう」

っていわれたときは、医大の医者と正反対のこというなーっとおもって少し信用しました。少なからずこちらからの症状の訴えに対し対応しようとしてくれています。

 

若干自分は人間不信入っているので引き延ばしか?とも思いましたが、ちゃんと症状に合わせた薬で試したことあるかどうかをチェックしながら選定していたのでそれも失礼にあたるなーと今は思っています。

 

これで長年の胃痛や頭痛等とおさらばできるか?

今までは自分がこれ飲めば症状収まるからこの薬ちょーだいっていってた薬でのらりくらりしていましたが、ある意味病院に行っている意味がない期間だったわけです。

薬の選定自分でやってたんですから( ´艸`)

どうしても胃痛たまらんで駆け込んだところでそれ痛いときにのんだらアカーンとかいわれこともありますが。我慢できん方を優先しなさいともいわれたのでそれはそれかな?( ´艸`)

 

神経すり減らす仕事していると

胃とか内臓やられます。覚悟しておきましょう。

自分が胃とかの体調崩すきっかけは上司、協業者、同僚、と本来は味方のはずの人達全員が敵になっても顧客を守ってた時でした。自分は何のために仕事しているのか?それは顧客の利益と自社の利益を確保することであり、自社の利益増のため顧客に(わからんように)損をさせるという周りの意見に猛反対してた頃です。

ようは、社内で1人で戦ってたんですよ(笑)、大手だったので額が額だけにびびってはいましたからね。それがよくなかったんでしょう。*3

体調悪い状態をみかねた上層部が産業医からめてストップかけてくれるまでやってましたから。論点はずれますが。

なーなーで、のんびりのらりくらり仕事してるのが健康にはよいと思います( ´艸`)

 

 

過労死ゼロの社会を―高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか

過労死ゼロの社会を―高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか

 

 

まとめ

車なら、医大はディーラ、街医者(クリニック)はチューニング屋さんみたいなかんじですかね。売ったり、金になることだけやる人達と、ちゃんと顧客の望みにこたえる仕事をしている人達の違いかな。

と書いてて思ったのは医大の医師も雇われでない限り学校という枠から出たことない人だ・・・っておもうと納得してしまう自分でありました。

*1:虫の居所が悪かったのかもしれませんが、これでもオブラートに包んで書いてます。もっと暴言吐かれています

*2:もちろん症状や問診から何かに当てはめるのは普通だけど決めつけはダメ

*3:赤字にはならんのだからやろうぜ!えー大変だよー。みたいな

【日記】【愚痴】バックアップの重要性

痛ましい事件がおき

データ消失の話がでてるなかで、ネットでは、クラウド等にバックアップ取れとかいうコメントも多数みてきた。

このジャンルは、ディザスタリカバリをどうするか?ということになるわけですが、、、

オールデジタルではない美術品等の場合は自分の専門外であるためもしかしたら耐火金庫的な倉庫、レプリカ作成とか必要なのかもしれませんがそれはよくわからん。

とりあえずデジタルデータだけに絞ってちょっと語ってみようかと思う。

 

ディザスタリカバリ入門―災害時のシステム復旧とその対策 (トムソンセキュリティシリーズ)

ディザスタリカバリ入門―災害時のシステム復旧とその対策 (トムソンセキュリティシリーズ)

  • 作者: マイケルアーブシュロー,SITE J1
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2005/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

以前中小企業で

バックアップは大事よ、って話をしたらコスト的に無理とか、使いこなせないとかいろいろ言われるわけで、リテラシーが低いのは分かった。

自分は大企業病でかつ、本当に事業継続に必要なデータは最低でもN+1の3つバックアップ取れと叩き込まれてる人種なので、ちょっと過敏なところもあります。

さて、今回のような壊滅的打撃を受けてしまうことを予想する経営者はどれだけいるか?

といわれると、自分の中では1/10ぐらいかなーってイメージ。経営陣で自分より厳しくっていう人は過去に痛い目に合ってる人ぐらいで大抵の人は適当に考えている。

どうせ情シスが関してくれてるし言えば戻るでしょ。的なね

 

個人の考え方

とはまた違うところも面白いところではある。最近無料のクラウドバックアップ領域とかデータ保管がはやっているが、私は絶対に使わない。データを友達に転送する等で使う場合は完全パブリックな情報のみである。(個人で音楽とか権利だけ買って保管は運営に任せるのはアリだと思います)

理由は、中身運営会社の人は(権限やモラルを覗けば)全部確認可能なんですもの。

誰が経営にかかわる重大情報を他人に預けますか?銀行の貸金庫ぐらい長年の信用があるところだとあるかもしれませんが、デジタルデータは一瞬で複製可能ですしね。

そして、有料で扱う某有名どころはデータ保管はそんなに高くありませんが、データ取り出しにめちゃくちゃ高い額をかけてるところも存在します。アップロードはそんなにたいしたことないけど、ダウンロードしたら高額ね!みたいな。

お客様も自前でする場合との比較が欲しいってことで当時しらべたときは目ん玉ひんむかれてました( ´艸`)。

 

こういう話していると、アップロードデータは暗号化してればいいよ、っていう人が必ずでてきます。もちろんそれも対策の一つであります。

徹底した運用のもとできればありだと自分はおもっていますが、絶対逸脱者がでますし、アホはパスワードは平文でおくとか信じられない行動をします。無知な人ほど・・・

 

 

ということで

業務に支障がでるデータは最低でも物理的な2か所に媒体で保管、出来れば暗号化が望ましいのです。

私が関与している超零細企業でも2+1で1は1ヵ月単位で別の場所で管理されています。

最悪一ヵ月前まではさかのぼれるという体制をとっています。

紙ベースの資料だけはどうしても出来ないのでいつかオールスキャンしてやろうとおもうのですが膨大すぎてやる気がなかなか起きません。(証拠を突き合わせる時必要必要なんですけどね)

 

まとめ

いくら悲しんでも起きたことが起きなかったことにならない、次繰り返して起こさないことが自分は大切だと思っているので、ドライなBlogになっていますが、最後に重要なのは、人材の復旧は絶対にできないということです。

どうがんばっても同レベルもしくはちょっと違った人(代替えの人が優秀かもしれませんが)しか用意できません。

どうか経営者の皆様、従業員や協業者さんを大切に第一にかんがえるようにしてください。

事故は必ず大なり小なりおきます。起きないのはただの奇跡(運がいいだけ)なのですから。

 

高卒採用は宝の山

高卒採用は宝の山